満足の行くHDMIセレクタとは

 あくまでも、個人的な感想なので全ての場においてこの事が正しいという主張ではありません、
ただし今までHDMIセレクタを幾つか買ってきて思った事を書こうと思います。


 現在あるHDMIセレクタの多くは、
新たに入力があると自動的にそのポートに切り替わるいわゆる「自動切り替え」のものがほとんどですね、
単純にテレビやDVD/BDを視聴するだけならばほとんどの場合において問題が出ることはあまりないと思いますが、
なんかの拍子で思いがけないタイミングで勝手に切り替わってしまい困るケースもあります、
信号が来なくなると別のポートを自動的にスキャンする物も有りますが、
「いや勝手に変わらんでくれよ」という場合もあるかと思います
他にもCEC周りのトラブルとかも色々と見かけたりしますよね、
ネットゲームをやってる最中にそう言った事が起こると大変困りますね。


 そこで一度試そうと思ってたHDMIセレクタを一年くらい前に購入して試してみました、
私が買ってみたのは グリーンハウスのGH-HSWB5-BKです、
(↓はAmazonのアフィリエイトです)

ポイントは「手動切り替えモデル」というところです、
自動的に切り替わらないという事とトレードオフになりますが、
安定性は抜群に良くなります、これはリモコン付きなので切り替えたい時にバチッと切り替えられます、
「勝手に切り替わらないの素晴らしい~」って本気で思えるほどです。


 私の場合は、このHDMIセレクタの次にHDMIスルーとRCA端子(音声)に分離する機械を入れてBENQのディスプレイに入力しています、
ソース側は、NintendoSwitch と WiiU と AsusのスティックPCのTS10 と 東芝のチューナー を繋いでますがどれも挙動が不審になるような事は無かったです、
自動的に切り替わらなかったりしても、相性が悪かったりすると延々とノーシグナル→シグナル受信→ノーシグナルを繰り返したりするのも有ったりしますからね、
こればっかりは「起こらないでくれぇ~」と神頼みするしかないですね・・・・。


 今回のポイントとして「手動切り替えモデル」ということを挙げましたが、本当の理想として言えば、
「自動切り替え+手動切り替え」と「完全手動切り替え」を切り替えられるHDMIセレクタがあればいいのかなぁと思っています。